ソニーのエンターテインメント部門 は映画・テレビ事業で1億ドル(約100億円)強のコスト削減策を見い だすため、米コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーを起用 した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

ソニーの平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は21日に米カリ フォルニア州カルバーシティーにある同社スタジオでのイベントで、エ ンターテインメント事業の戦略を討議する。関係者は情報が公表されて いないことを理由に匿名で、経費削減は恐らく雇用カットにつながると の見方を示した。

ソニーはエンターテインメント部門の収益性が低いとの批判を受け ている。ヘッジファンド運営会社サード・ポイントを率いる資産家ダニ エル・ローブ氏は同部門の一部売却を求めている。ソニーのコスト削減 計画については米紙ニューヨーク・タイムズが先に報じていた。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの広報担当者チャール ズ・シプキンス氏は18日に電子メールを通じて、「財務面の規律を高め る約4年に及ぶプロセスの一環として、当社は一層の効率性追求のため 事業の見直しを進めている」とコメントした。

ベインのニューヨーク在勤広報担当者、シェリル・クラウス氏にコ メントを求めて連絡を取ったが、現時点で返答はない。

18日のニューヨーク株式市場でソニーの米国預託証券(ADR)は 前週末比1.2%高の18.72ドルで終了。年初来では67%値上がりしてい る。

原題:Sony Pictures Said Hiring Bain to Find $100 Million in Cost Cuts(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE