コンテンツにスキップする

ノボトニー氏:東欧融資の伸び注意深い監視必要-バブル防止で

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、オーストリア中央銀行のノボトニー総裁は、 東欧の一部 諸国に見られる融資の力強い伸びについて、2009年のバブル崩壊を招い たような事態の再発を防止するため、監督当局による注意深い監視が必 要だと語った。

ノボトニー総裁はウィーンで記者団に対し、東欧の多くの国が09年 にリセッション(景気後退)入りする前の段階では、欧州の一部新興諸 国の経済が過熱状態にあるのか、西欧諸国との収れんの過程にあるのか 見極めるのが困難だったと発言した。

原題:East Europe Loan Growth Needs to Be Monitored, Nowotny Says (1)(抜粋)

--取材協力:Jana Randow、Radoslav Tomek. Editors: James M. Gomez, Michael Winfrey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE