コンテンツにスキップする

米テスラ株が大幅安、カリフォルニア工場事故を州当局が調査

18日の米株式市場で電気自動車 (EV)メーカーの米テスラ・モーターズが下落。従業員3人が負傷し たセダン「モデルS」生産工場での事故で、カリフォルニア州当局者が 調査に乗り出している。

テスラ株は前週末比で10%下落し、7月19日以来の安値121.58ドル で終了した。18日で3営業日連続安。9月30日に付けた終値ベースの最 高値193.37ドルからは37%下落している。

カリフォルニア州労働安全衛生局のピーター・メルトン報道官は電 話インタビューで、「調査は継続中だ」と述べ、事故原因について公式 な判断を下すには最長半年必要になる可能性があると説明した。

テスラは今月13日、カリフォルニア州フレモントの工場でアルミの 低圧鋳造プレス機が故障、流れ出た高熱の金属で従業員3人が負傷した と発表。この事故が生産の遅れを招くことはないと説明していた。

原題:Tesla Falls Amid California Factory Probe: San Francisco Mover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE