コンテンツにスキップする

NY金:反落、1週間で最大の下げ-世界的な株式上昇で

ニューヨーク金先物相場は反落。1 週間ぶりの大幅安となった。世界的に株式市場が上昇したことを背景 に、金買いが後退した。株式指標であるMSCIオールカントリー世界 指数は2008年1月以来の高値をつけた。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州ポート セントルーシー)のマイケル・スミス社長は電話インタビューで、「マ ネーは株式に向かっている」と指摘。「緩和縮小に関してFOMCの他 の当局者がどう考えいるのかについても、市場はさらなる情報を求めて いる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前週末比1.2%安の1オンス=1272.30ドルで終了。中心限月とし ては8日以来の大幅下落となった。年初からは24%下げている。

原題:Gold Declines With Silver, Palladium After Global Equities Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE