コンテンツにスキップする

欧州株:上昇、5年半ぶり高値-FOMC議事録に注目

18日の欧州株式相場は上昇し、指数 のストックス欧州600指数は約5年半ぶり高値を付けた。今週公表され る米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録が注目されている。

英資産運用会社アバディーン・アセット・マネジメントは15%急 伸。ロイズ・バンキング・グループが傘下のスコティッシュ・ウィドウ ズ・インベストメント・パートナーシップ(SWIP)をアバディーン に売却することで合意した。補聴器メーカー最大手、スイスのソノバ・ ホールディングは5.4%上げた。上期売上高がアナリスト予想を上回っ た同社は、通期業績見通しを上方修正した。

ストックス欧州600指数は前週末比0.5%高の324.70で終了。同指数 は前週まで6週続伸していた。経済データでユーロ圏景気の回復失速が 示されたものの、米金融当局が債券購入を継続する兆候が支えとなっ た。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のバイスプレジデン ト、ジョン・プラサード氏は「今週の市場では米国が注目されている。 特に前回FOMCに焦点が絞られ、金融政策の動向に関する議論が活発 になるだろう」とし、「欧州の経済データもいくつか注目されている。 一段と明確な方向性が得られるまで様子見の姿勢となるだろう」と語っ た。

FOMC(10月29、30日)の議事録は20日に公表される。欧州では ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた活動を示す総合景気指数が21 日に発表される。11月の同指数は52と、前月の51.9を上回ったとみられ ている。

18日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は0.7%、独DAX指数は0.6%それぞれ上げ、英 FTSE100指数は0.5%高となった。

原題:European Stocks Jump to Highest Since ’08; Aberdeen, Sonova Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE