コンテンツにスキップする

香港株:H株指数、11年以来の大幅高-中国の改革に期待

香港株式相場は上昇。売買高も膨ら んだ。ハンセン中国企業株(H株)指数が2011年以来の大幅高で取引を 終了。中国共産党が広範な改革案を公表したことが好感され、保険や乳 幼児向け製品メーカーなどが買いを集めた。

乳製品の中国蒙牛乳業(2319 HK)は4.8%高。中国が一人っ子政策 の緩和を表明し、粉ミルクの販売が増えるとの観測が広がった。上場証 券会社で中国最大手の中信証券(6030 HK)は13%高。中国の改革が進 めば本土での新規株式公開(IPO)停止措置が終了するとの楽観的な 見方が株価を押し上げた。中国平安保険(2318 HK)は9.5%上昇。中国 の政策変更により医療・年金保険が恩恵を受けるとの見通しをクレデ ィ・スイスが示した。

H株指数は前週末比5.7%高の11307.33と、11年12月以来の大きな な上昇率となった。ハンセン指数は627.91ポイント(2.7%)高 の23660.06。同指数構成銘柄の売買高は30日平均のほぼ3倍に達した。

リオリエント・グループのチーフストラテジスト、ウエ・パーパー ト氏(香港在勤)は「中国共産党は安価な労働力が生み出す製品を輸出 するという経済モデルからの転換を図っている。消費関連の幅広い銘柄 が大きな恩恵にあずかるだろう」と述べた。

原題:Hong Kong H-Shares Cap Steepest Jump Since 2011 on China Reforms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE