コンテンツにスキップする

アジア株:3日続伸、中国の自由化案を好感-証券株など高い

18日のアジア株式相場は3営業日続 伸。中国が少なくとも1990年代以降で最も包括的に経済の自由化を進め る方針を表明した。

中国の乳製品メーカー、中国蒙牛乳業は5.1%高。中国が一人っ子 政策の緩和を表明した。政策変更により本土での新規株式公開 (IPO)停止措置も終了する可能性があるとの見方から、中国の証券 株も買われた。中信証券は香港市場で13%高。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時38分現在、前週末比 1%高の142.94。このままいけば10月30日以来の高値で取引を終える。

光大証券のアナリスト、ツォン・シエンチャオ氏は電話取材に対し て「様子見姿勢だった投資家はもうちゅうちょする必要がない」と指 摘。「向こう数年で改革の実施ペースは加速し、企業の効率性も改善す るだろう。共産党中央委員会第3回総会(3中総会)に対しては失望を 誘う結果に終わるとの見方もあったが、そうした否定的な見方は全て取 り除かれた」と述べた。

原題:Asian Stocks Extend Two-Week High After China Outlines Reforms(抜粋)

--取材協力:Weiyi Lim. Editors: Sarah McDonald, Tom Redmond

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE