コンテンツにスキップする

中国株:急伸、共産党の経済改革を評価-香港H株も大幅高

中国株式相場は上昇。中国共産党 が1990年代以降では最も大掛かりな経済改革で、一人っ子政策の緩和や 民間投資促進などを打ち出したことが好感された。香港市場でもハンセ ン中国企業株(H株)指数が大幅高となった。

金融株が買われた。中信証券(600030 CH)は上海市場で値幅制限 いっぱいの10%高。乳児用粉ミルクメーカーの浙江貝因美科工貿 (002570 CH)は3.6%高。

人民元はこの20年間の高値まで0.2%以内の水準で取引された。中 国10年物国債利回りは07年以来の高水準となった。中国は人民元の交換 性と金利自由化に向けた動きを加速すると表明した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前週末比61.39ポイント(2.9%)高の2197.22で終 了した。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は3.3%高 の2428.90。

スタンダードチャータードの中国・香港株式調査責任者アーウィ ン・サンフト氏は電話取材に対し、共産党中央委員会第3回総会(3中 総会)の閉幕後に発表された声明の詳細について、「中国に必要な構造 改革への取り組みに触れられており、ポジティブな内容だ」と指摘。 「市場に重くのしかかっていたものが取り除かれることは、バリュエー ション(株価評価)にとって非常に良い」と述べた。

原題:Chinese Stocks Jump as H Shares Gain Most Since 2011 on Reforms(抜粋)

--取材協力:Kyoungwha Kim. Editors: Allen Wan, Gregory Turk

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE