コンテンツにスキップする

中国:10月新築住宅価格、69都市で上昇-広州など4都市けん引

中国の10月の新築住宅価格は主要4 都市での上昇率が2011年1月以来最大となった。新たな全国的な不動産 抑制策がないことで購入が促され、バブル懸念が高まっている。

中国国家統計局が18日発表したデータによれば、10月の新築住宅価 格は前年同月と比べ広州で21%、深圳で20%、上海で18%、北京で16% それぞれ上昇した。調査対象となっている70都市中69都市で値上がりし た。

深圳と上海は今月、2軒目の住宅購入に対する頭金の最低比率 を70%に引き上げた。地方当局は住宅価格上昇の抑制に苦しんでおり、 北京でも3月に同様の措置が講じられていた。李克強首相が経済成長を 損なう恐れのある新たな中国全土を対象とする抑制策を控えたこともあ り、1-10月の住宅販売は33%増加した。

原題:China Homes Prices Jumped in October Led by Guangzhou, Shenzhen(抜粋)

--Zhang Dingmin. Editors: Andreea Papuc, 山崎朝子

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE