コンテンツにスキップする

中国:1人っ子政策の緩和後も食料供給を圧迫せず-当局者

中国は1人っ子政策を緩和した後も 人口目標を満たし、食料供給や医療サービス提供への圧迫が強まる事態 は回避できる見通しだ。政府当局者が明らかにした。

国家衛生・計画生育委員会の王培安副主任は政府のウェブサイト に16日掲載された発表文で、いずれかが1人っ子である夫婦に2人の子 供を持つことを認める計画が出生率の短期的な急上昇の引き金となるこ とはなく、その基準を満たす夫婦は比較的少ないと指摘した。

1976年の毛沢東元国家主席の死から3年後に導入された1人っ子政 策が労働力人口の減少につながっていることから、共産党は1人っ子政 策を緩和すると15日表明した。王副主任によると、人口は食料・公共サ ービスの計画で使われる2020年時点で14億3000万人の目標を依然として 「大きく」下回る見通し。王副主任は1人っ子政策緩和によって中国の 労働力人口が合理的な規模に維持され、人口高齢化のペースは抑制され ると説明した。

原題:China Expects to Meet Food Needs After Easing Child-Birth Limit(抜粋)

--Daryl Loo. Editors: Reinie Booysen, Greg Ahlstrand

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE