コンテンツにスキップする

ロシアでボーイング737型機が墜落、50人死亡-非常事態省

ロシアのカザニで17日、ボーイン グ737型機が着陸時に墜落し、乗客・乗員合わせて50人が死亡した。非 常事態省が発表した。

ロシアの調査委員会の発表によると、モスクワ発のタタルスタン航 空363便が現地時間17日午後7時26分(日本時間18日午前零時26分)ご ろ、カザニの空港滑走路への進入に失敗し、墜落・炎上した。

調査委員会は「すでに鎮火し、調査員が事故現場を調べている」と した上で、「技術的な不具合やパイロットの操縦ミス、悪天候」が事故 の原因となった可能性を検証していることを明らかにした。ロシアの通 信社RIAノーボスチは、複数の当局者からの情報として、事故機は2 回目の着陸を試みた際に墜落したと伝えた。

ボーイングは、事故調査に技術的支援を提供する協力する用意があ ると発表した。

原題:Boeing 737 Crashes in Russian City of Kazan, Killing 50 People(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE