コンテンツにスキップする

金投資家、イエレン氏の緩和継続示唆の発言前は弱気

ヘッジファンドによる金の売りポジ ションが倍増し、投資家は強気姿勢を弱めた。この後、金相場は反発 し、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に指名されたジャネッ ト・イエレン氏は量的緩和策を継続する方針を示した。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、金の先物と オプションの買い越しは12日終了週に37%減少し5万5456枚となり、2 月以降で最大の落ち込みを示した。売りポジションは5万4143枚と、8 月半ば以来の高水準に増加した。前週は2万6490枚だった。投資家が小 麦取引で一段と弱気となり、銀の持ち高も過去5カ月で最も削減された ため、米国で取引される商品18銘柄の買い越しは12%減少し57万6224枚 となった。

ナショナル・セキュリティーズ(ニューヨーク)の市場担当チーフ ストラテジストとして約30億ドル(約3000億円)相当の資産運用に携わ るドナルド・セルキン氏は「イエレン氏の発言前、市場関係者は非常に 弱気になっていた」と指摘。「同氏の発言内容はハト派的で、量的緩和 策縮小の先送りを示唆している。それは間違いなく金にとって支援材料 となる。ただ、金相場下落の主因は変化していない。インフレ率は低 く、株式市場の活況は今後も続くだろう」と述べた。

原題:Gold Bears Return Before Yellen Signals More Easing: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE