コンテンツにスキップする

米ボーイング:労組との対立は「777X」生産計画に影響ない

米航空機メーカー、ボーイングは次 世代大型機「777X」の生産拠点をめぐる労働組合との意見対立が同機の 生産スケジュールに影響を及ぼすことはないと指摘した。同社は別の工 場での生産やパートナーとの協力を検討している。

ボーイング民間航空機部門のレイモンド・コナー社長兼最高経営責 任者(CEO)は16日にドバイで、777Xの複合材主翼の生産や同機の組 み立ての場所は「向こう数カ月間」内に判断すると説明した。検討して いる選択肢にはボーイングの他の拠点を活用することや一部作業の外部 委託が含まれるという。

機械工組合は先週、ワシントン州プジェットサウンドで777Xを生産 する代わりに福利厚生を削減する内容の労働協約延長を否決した。生産 が移管されれば、ボーイング創業地であるシアトル地域での航空機生産 に打撃を与えそうだ。

コナー社長はボーイングにはこうした翼の生産技術を備えた拠点が 複数あると指摘。「787」型機の複合材主翼を手掛ける日本での生産も 選択肢の1つだと述べた。

その上で生産場所の選定は、生産能力、技術力、現地の税制など幾 つかの要因次第だとの見解を示した。

原題:Boeing Says Worker Conflict Won’t Put 777x Schedule in Jeopardy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE