コンテンツにスキップする

JPモルガン:投資家に45億ドル支払いで合意-MBS販売で

米銀JPモルガン・チェースは住宅 ローン担保証券(MBS)販売をめぐる問題で、機関投資家21社に45億 ドル(約4520億円)を支払うことで暫定合意に達した。機関投資家は JPモルガンが販売したMBSには問題があったと主張していた。

JPモルガンが15日発表した資料によると、今回の合意の対象 は2005-08年に販売した住宅ローン担保証券投信330本。合意は受託者 の承認が必要で、裁判所の審査に付される可能性もあるとJPモルガン は説明している。

今回の合意にはJPモルガンが08年に資産を買収したワシントン・ ミューチュアルが手掛けた証券は含まれていない。機関投資家側を率い ているのは法律会社ギブズ・アンド・ブランズでゴールドマン・サック ス・グループの資産管理部門やブラックロック、パシフィック・インベ ストメント・マネジメント(PIMCO)などが含まれる。

JPモルガンは先月、ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレ ディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)に問題のあるMBSやローン債 権を販売したとして米連邦住宅金融局(FHFA)が2011年に起こした 訴訟で和解するため、51億ドルを支払うことで合意に達した。

JPモルガンは発表資料で、今回の合意や他のMBS販売をめぐる 訴訟に関して十分な資金を確保していると指摘した。

原題:JPMorgan Sets Tentative $4.5 Billion MBS Deal With Investors(1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE