コンテンツにスキップする

NY外為(15日):ドル下落、米経済指標が景気減速を示唆

ニューヨーク外国為替市場ではドル が下落。米鉱工業生産指数とNY連銀製造業景況指数がいずれも低下し たことを背景に、金融当局が資産購入規模を近い将来に縮小することは ないとの見方が強まった。

円は対ドルで週間ベースでは3週連続の下落。株式相場の上昇や世 界的に一段の景気刺激措置が実施されるとの見通しを手掛かりに、逃避 資産の需要が後退した。ドルはユーロに対して週間で下落。米連邦準備 制度理事会(FRB)の次期議長に指名されたジャネット・イエレン副 議長は前日の公聴会で力強い景気回復を達成するために金融緩和策はな お必要だとの見解を示した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のグローバ ルマーケッツストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏(ニューヨ ーク在勤)は電話インタビューで、「リスク志向が高まっているため、 ドルや円が売られている」と指摘。「イエレン氏の上院公聴会は12月の 緩和縮小を拒否するものだったと確信している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドル相場を反 映するブルームバーグ米ドル指数は前日比0.2%安の1016.88。週間で は0.5%下げた。

円は対ドルで0.2%安の1ドル=100円19銭。一時は100円44銭と、 9月11日以来の安値をつけた。週間では1.2%下落。円は対ユーロで前 日比0.5%安の1ユーロ=135円21銭。ドルは対ユーロで0.3%安の1ユ ーロ=1.3496ドル。週間では1%下落。

米経済指標

10月の米鉱工業生産指数は前月比0.1%低下した。ブルームバーグ がまとめたエコノミスト予想の中央値は0.2%上昇だった。

11月のニューヨーク連銀製造業景況指数はマイナス2.2と、予想外 の景況縮小圏に低下した。前月はプラス1.5。エコノミスト予想の中央 値は5への上昇だった。同指数はゼロが景況の拡大と縮小の境目を示 す。

イエレン氏は前日の公聴会で政策金利について、債券購入の縮小を 開始した後も低水準で据え置かれるとの認識を示した。

ブルームバーグがエコノミスト32人を対象に8日に実施した調査の 中央値によると、米連邦公開市場委員会(FOMC)は3月18、19両日 の会合で月額の資産購入を現行の850億ドルから700億ドルに縮小すると 予想されている。

「イエレン氏のメッセージ」

サムソン・キャピタル・アドバイザーズの最高投資責任者 (CIO)、ジョナサン・ルイス氏は電話インタビューで「為替市場は 『イエレン氏のメッセージは分かった。当局は緩和縮小しないだろう』 と解釈しているようだ」と指摘。「円はきょう、軟調だ。円は安全な逃 避先とされる通貨の1つだ」と述べた。

日本銀行は20、21両日に金融政策決定会合を開く。ブルームバーグ が調査したエコノミストのほぼ4分の3は日銀が来年の上期に追加緩和 に踏み切ると予想している。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週間建玉報告によると、ヘッ ジファンドなど大口投資家の対ドルの円先物の売越幅は12日時点で9 万5107枚と、1週間前の7万3792枚から拡大した。

先進10カ国・地域通貨で構成するブルームバーグ相関加重指数によ れば、円は過去1週間に1.6%安と、値下がり率トップ。ユーロは0.7% 上昇。ドルは0.3%下落。

原題:Dollar Declines as Reports Show Economy Slowing; Aussie Gains(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、池田祐美、Candice Zachariahs、Masaki Kondo、Neal Armstrong. Editors: Kenneth Pringle, Dave Liedtka

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE