コンテンツにスキップする

イエレン氏,準備預金の金利引き下げで資産購入縮小をお化粧も

米連邦準備制度理事会(FRB)次 期議長に指名されたジャネット・イエレン氏は、銀行が準備銀行に滞留 させる余剰資金の預金金利を引き下げる可能性を示唆した。銀行の余剰 資金活用は景気支援になる。

超過準備の預金金利引き下げについてイエレン氏は上院銀行委員会 での証言で、「今後にわれわれが検討し得ることだ」と述べた。

現行0.25%の預金金利を引き下げれば、資産購入は減らしても緩和 的な政策は続けるという金融当局のメッセージを市場に伝えることがで きると、ニューヨーク在勤のクレディ・スイス・グループ金利ストラテ ジー責任者、カール・ランツ氏は言う。

2014年1-3月期に見込まれる量的緩和の縮小によって債券市場に 生じる利回り上昇圧力を相殺するために、「当局は資産購入縮小を預金 金利引き下げでお化粧させることができる」と同氏は述べた。

原題:Yellen Sees Chance Fed Could Cut Rate It Pays Banks on Reserves(抜粋)

--取材協力:Liz Capo McCormick、Steve Matthews. Editors: Chris Wellisz, Mark Rohner

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE