コンテンツにスキップする

JPモルガンやゴールドマン幹部を招致-ロイヤル・メールで

米銀JPモルガン・チェースやゴー ルドマン・サックス・グループ、シティグループ、ドイツ銀行の経営幹 部らが20日、新規株式公開(IPO)価格が安過ぎたと批判を浴びてい る郵便事業会社ロイヤル・メールの問題について英議会で証言する。

JPモルガンの英国クライアントカバレッジのマネジングディレク ター、ジョン・メイン氏のほか、シティの英投資銀行ブローキング責任 者ベン・ストーリー氏、ドイツ銀行コーポレートブローキング部門のジ ェームズ・アグニュー会長、UBSのマネジングディレクター、ジェー ムズ・ロバートソン氏、ゴールドマンの株式資本市場共同責任者リチャ ード・コーマック氏らが、20日の英下院企業委員会に招致される。同委 が14日電子メールで発表文を配布した。

ロイヤル・メールのIPO価格は330ペンスに設定されたが、株価 は公開後に563ペンスまで上昇。英政府にIPOで助言した投資銀行ラ ザードの経営幹部も翌週に招致される予定。

原題:U.K. Lawmakers to Take Testimony From Bankers on Royal Mail IPO(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE