コンテンツにスキップする

ドイツ銀:ヘッジファンド向け金融サービス責任者が退職

欧州の銀行で投資銀行収入が最も多 いドイツ銀行は、ヘッジファンド向け金融サービス部門「マーケッツ・ プライム・ファイナンス」の共同責任者ジョン・ヒッチョン氏が退職す ることを明らかにした。ヒッチョン氏はドイツ銀で15年間勤務した。

ドイツ銀の広報担当、レネイ・カラブロ氏は14日の電話取材で、ニ ューヨーク在勤のヒッチョン氏が退職する事実を確認したが、それ以上 のコメントを避けた。ドイツ銀は行員向けの文書で、欧州株式の共同責 任者マリー・ロース氏がヒッチョン氏の職務を引き継ぎ、バリー・ボー サノ氏と共にマーケッツ・プライム・ファイナンスの責任者を務めると 伝えていた。ヒッチョン氏の退職については、ニューヨーク・ポスト紙 が先に報じていた。

原題:Deutsche Bank Says Hedge Fund Financing co-Head Hitchon Leaving(抜粋)

--取材協力:Matthew Leising. Editors: Mark Bentley, James Kraus

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE