コンテンツにスキップする

資産家ポールソン氏が金ETP保有を維持、相場回復で-9月末

米資産家ジョン・ポールソン氏は、 金相場の回復を受け、金を裏付けとする上場取引型金融商品(ETP) で最大規模の「SPDRゴールド・トラスト」の持ち分を維持した。4 -6月(第2四半期)には持ち分を半分超縮小していた。

14日の当局への届け出によると、SPDRゴールド・トラストの最 大の保有者であるポールソン氏率いるヘッジファンド運営会社ポールソ ンの持ち分は、9月末現在で1023万口と、6月末時点から変わらなかっ た。

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のデータによれば、世 界の金需要は7-9月(第3四半期)に21%減少。金は4月に弱気相場 入りし6月28日に2年10カ月ぶり安値を付けた後、9.1%上昇してい る。それでも金相場は今年、年間ベースで2000年以来の下落となる見通 しだ。米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和策を受け株式が上昇して いるものの、インフレが加速していないことが背景にある。

ポールソンは4-6月にSPDRの持ち分を3月末時点の2180万口 から縮小。ワレックペッパーコムでポールソンの広報を担当するアーメ ル・レスリー氏は今回の届け出についてコメントを控えた。

原題:Billionaire Paulson Sticks With Gold Wager as Prices Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE