コンテンツにスキップする

伊モンテ・パスキ:6四半期連続の赤字-公的支援コスト響く

欧州当局に41億ユーロ(約5500億 円)の救済の承認を求めているイタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ ディ・シエナ銀行の7-9月(第3四半期)決算は、6四半期連続の赤 字となった。公的支援に伴うコストや貸倒引当金の計上が響いた。

14日の発表文によると、7-9月の純損失は1億3830万ユーロと、 前年同期の2590万ユーロから拡大した。ブルームバーグが集計したアナ リスト7人の予想平均は1億6210万ユーロだった。

ファブリツィオ・ビオラ最高経営責任者(CEO)は従業員3360人 の追加削減と25億ユーロの資本増強を実施すると表明し、最新の再建計 画について監督当局の承認を待っている。事情に詳しい関係者1人の今 週の話によると、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は 予定より2週間遅れで、今月末までに再建計画に関して判断を下す。

7-9月の総収入は前年同期比で26%減少し10億4000万ユーロ。融 資事業の減収や公的支援に伴う利払いが響いた。純金利収入は30%減の 5億660万ユーロ。

原題:Monte Paschi Posts Sixth Straight Quarterly Loss on Bailout Cost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE