コンテンツにスキップする

グーグルとKKR、シャープ米子会社の太陽光発電施設を取得

米グーグルと米プライベートエクイ ティ(PE、未公開株)投資会社KKRは、シャープの米国子会社リカ レント・エナジー(サンフランシスコ)がカリフォルニア、アリゾナ両 州で建設中の計6つの太陽光発電施設の取得で合意した。

14日の発表資料によると、6施設の出力は計106メガワットで、来 年1月までに稼働を開始する見通し。

グーグルとKKRはカリフォルニア州南部の5施設とアリゾナ州の 1施設を取得する資金を株式と借り入れで確保する。6施設の総発電量 は1万7000世帯余りの消費電力を十分賄うことができる。

グーグルは14日のブログで約8000万ドル(約80億円)を投資すると 説明した。取引の総額は4億ドル相当だと、事情に詳しい関係者が金額 の未公表を理由に匿名で語った。

発表資料によると、グーグルはこれまでに再生エネルギーに総額10 億ドル超を投資し、今回の案件は14件目。KKRは再生エネルギー分野 で5件の投資実績がある。

3社は2011年12月、サクラメント近郊にあるリカレントの4つの太 陽光発電事業に関して同様の内容で合意している。

原題:Google and KKR Acquire Recurrent Solar Projects in U.S. West (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE