コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパは2カ月ぶり大幅高-好決算の小売株高い

14日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が2カ月ぶりの大幅高。四半期決算がアナリスト予想を 上回った小売りのロジャス・アメリカナスと同社傘下のB2Wコンパニ ア・ディジタルが買われた。

ロジャスは5.7%、B2Wは12%それぞれ上昇。パラナ電力は9.8% 高。総額3億2500万レアル(約140億円)の配当支払いを発表したこと が好感された。鉄鋼メーカーのナシオナル製鉄(コンパニア・シデルル ジカ・ナシオナル、CSN)は3.6%、住宅建設会社ブルックフィール ドは1.8%それぞれ値上がり。四半期決算が手掛かり材料となった。

ボベスパ指数は前日比2.3%高の53451.60で終了。指数構成銘柄 の67銘柄が上昇した。15日のブラジル株式市場は祝日のため休場とな る。通貨レアルは0.7%高の1ドル=2.3180レアル。

証券会社フトゥーラ・コレトラのストラテジスト、ルイス・グスタ ボ・ペレイラ氏は電話インタビューで、「好決算を発表した企業の株価 が上昇し、ボベスパ指数を押し上げた」と指摘。「米連邦準備制度理事 会(FRB)次期議長に指名されたジャネット・イエレン氏の金融刺激 策に関する発言にも株式市場は反応している」と述べた。

原題:Ibovespa Rises Most in Two Months as Lojas Americanas, B2W Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE