コンテンツにスキップする

欧州株:3日ぶり上昇、イエレン氏発言で米緩和継続との観測

14日の欧州株式相場は3日ぶりに上 昇。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に指名されたジャネッ ト・イエレン氏が力強い景気回復の支援に全力で取り組む姿勢を示し、 金融面での刺激策を近く引き揚げることはないと約束したことが好感さ れた。

建設サービスや通信などを手掛けるフランスのブイグは6.2%上 昇。第3四半期利益がアナリスト予想を上回った。英エネルギー探査会 社、オフィール・エナジーは10%の大幅上昇。ガス田3カ所の権益20% を13億ドルで売却したことが買い材料。一方、ドイツの公益事業会社 RWEは5.1%安。来年の減益見通しが嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.8%高の322.43で終了。同指数は 前週まで5週続伸していた。米金融当局による債券購入の継続や欧州中 央銀行(ECB)の利下げが支えとなった。

ハーグリーブズ・ランズダウン(ロンドン)の株式部門責任者、リ チャード・ハンター氏は電子メールで、「イエレン氏のコメントはハト 派的と受け取められ、これが相場上昇を後押しした」と指摘。「株式を 支える環境は続いている。緩和的な金融政策が続く公算が大きいほか、 最近の四半期決算は総じて予想を上回った。これらの要因は年末相場は 上昇するとの伝統的傾向を支える良い前兆かもしれない」と続けた。

14日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は1%、独DAX指数は1.1%それぞれ上げ、英 FTSE100指数は0.5%高となった。

原題:European Stocks Climb as Investors Bet Yellen Will Hold Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE