コンテンツにスキップする

イエレン氏:金融政策決定に対する監査法案に反対-議会証言

米連邦準備制度理事会(FRB)の 次期議長に指名されているイエレンFRB副議長は、金融当局の透明性 に取り組んでいるとした上で、金融政策決定を監査する法案には反対だ と述べた。

イエレン氏は14日、米上院銀行委員会で証言し、「連邦準備制度が 政治の圧力にさらされる法案について非常に懸念している」と発言。

その上で、「中央銀行が金融政策の策定において独立性を認められ ることは市場や国民に価格安定の達成を約束する上で重要だ。これは米 国の経済動向にとって極めて重要だと確信しており、世界中で実践され ている」と話した。

原題:Yellen Says She Strongly Supports Transparency at Fed(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE