コンテンツにスキップする

バーナンキ議長:銀行は資本拡充を-危機には協調対応が必要

バーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長は14日、景気下降への備えで銀行は資本を増強すべきだ とし、金融システムが危機を乗り越えるためには世界的な協調対応が必 要だとの見解を示した。

バーナンキ議長はベイルートで開催のアラブ銀行連合(UAB)会 議に寄せたビデオ講演で、各国の金融当局は「歴史的かつ包括的な世界 の金融構造刷新に取り組んでいる」と述べた。

同講演向け原稿でバーナンキ議長は、「最も重要な目標の一つは、 市場の衝撃や深刻な景気低迷を切り抜けられるよう銀行が資本を量、質 ともに拡充し、かつ十分な流動性資産を手元に確保するのを確実にする ことだ」と続けた。

さらに、「世界的あるいは地域的な金融危機が起きた際には、世界 金融システムの安定を守るために協調した対応が求められる」とも言明 した。

原題:Bernanke Says Banks Should Hold More Capital Against Downturns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE