コンテンツにスキップする

米JPモルガンのツイッター炎上、「家返せ」の投稿で閉鎖

少なくとも8件の不祥事疑惑で米司 法省の調査や捜査を受けている銀行JPモルガン・チェースは、ツイッ ターで同行幹部への質問を募ったが、嘲りと罵倒(ばとう)を集めて炎 上し、あえなくフォーラム閉鎖に追い込まれた。

同行は13日遅くに、「#AskJPM」のハッシュタグ(特定の話題をグ ルーピングするために最初に付けるタグ)を解除。このハッシュタグは 大学生が同行幹部と直接コミュニケートする機会を作ることが目的の一 つだったと、広報担当のブライアン・マーチオニ氏は説明した。

ソーシャルメディアをモニターするトプシーによれば、JPモルガ ンがフォーラムを閉じるまで6時間弱の間に、6000以上の反応があっ た。

JPモルガンが13日午後1時26分に、投資銀行部門のジェームズ・ リー副会長宛ての質問をフォロワーに募ったところ、その直後から野次 や皮肉が殺到した。

同行はアジアでの贈賄の疑いやマドフ事件への関与を含め複数の刑 事捜査を受けているほか、住宅ローン担保証券に関連した和解について 交渉中。元行員2人はトレーディング損失隠しについて起訴されてい る。

ツイッターのユーザーらは同行の呼び掛けに対し、「家を返してく れ」や、「JPモルガンのJPMはJust Pay More(黙ってもっと金を 払え)の略か」などと、皮肉なコメントで応じた。「どの鯨が好みな の?」といわゆるロンドンの鯨事件を揶揄(やゆ)するツイートもあっ た。

ツイッターでのプロモーションが裏目に出た企業はJPモルガンが 最初ではない。外食チェーンのマクドナルドは2012年1月にハッシュタ グ「#McDStories」で好意的なコメントを集めようとしたが、代わりに 肥満とドッグフードについてのジョークが殺到し、2時間弱で閉鎖し た。

原題:JPMorgan Twitter Hashtag Trends Against Bank as Invite Backfires(抜粋)

--取材協力:Laura Marcinek、Michael J. Moore、Dakin Campbell、Hugh Son、Tara Lachapelle、Keri Geiger、Matthew Boyle、Elizabeth Dexheimer. Editors: Peter Eichenbaum, Christine Harper

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE