コンテンツにスキップする

米ウォルマート:通期利益見通し下方修正-景気や競争重し

小売り最大手、米ウォルマート・ス トアーズは、通期利益見通しを引き下げた。今年2回目の下方修正とな る。景気回復の不安定に加え、ディスカウント店との競争激化で売り上 げが伸び悩んでいる。

14日の同社発表によると、2014年1月期の利益は1株当たり5.01 -5.11ドルとなる見通し。8月時点には5.10-5.30ドルを見込んでい た。アナリストの予想平均は5.19ドル。同社は2月に、1株利益は最高 で5.40ドルとの見通しを示していた。

8-10月(第3四半期)決算は、純利益が37億4000万ドル(約3740 億円、1株当たり1.14ドル)と、前年同期の36億4000万ドル(同1.08ド ル)から2.8%増加。ブルームバーグがアナリスト26人を対象にまとめ た調査での予想平均は1株利益1.13ドル。売上高は1.7%増の1157億ド ルとなったものの、予想平均(1168億ドル)に届かなかった。

原題:Wal-Mart Trims Profit Forecast as Economy Restrains Shoppers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE