コンテンツにスキップする

中国株(終了):反発-ヘルスケア株や消費関連株が高い

中国株式相場は上昇。ヘルスケアや 消費関連銘柄が買われた。上海総合指数は前日、8月以来の安値を付け ていた。

上海復星医薬(集団、600196 CH)が6.2%上げるなど、ヘルスケア 株が高い。消費関連では四川長虹電器(600839 CH)は7%値上がりし た。安徽輝隆農資集団(002556 CH)は4.1%高。安徽省が農民に土地売 却を許可する計画だと新華社通信が報じた。一方、上海浦東発展銀行 (600000 CH)など金融株が下落した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比12.57ポイント(0.6%)高の2100.51で終 了。前日は1.8%下落し、8月23日以来の安値で引けた。上海、深圳両 証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.7%高の2304.50で引け た。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO)は、共産党の第18期 中央委員会第3回総会(3中総会)について「投資家は過度に高い期待 を抱いていたが、3中総会閉幕後に改革措置について詳細は示されなか った」と指摘。「相場の下落は投資家の失望を反映している面もあり、 反発が見込まれる」と述べた。

原題:China’s Stocks Rise From Seven-Week Low as Drugmakers Advance(抜粋)

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Allen Wan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE