コンテンツにスキップする

チューリッヒの7-9月期:64%増益-損保事業が回復

スイス最大の保険会社チューリッ ヒ・インシュアランス・グループの7-9月(第3四半期)は、前年同 期比64%増益となった。前年はドイツ事業の償却が響いた。

14日の同社発表によると、7-9月期の純利益は11億ドル(約1100 億円)。前年同期は6億7200万ドル(修正後)だった。ブルームバーグ が集計したアナリスト9人の予想平均は9億9350万ドル。最大部門であ る損害保険部門の営業利益が68%増えて7億5500万ドルとなった。

マーティン・セン最高経営責任者(CEO)は「脆弱(ぜいじゃ く)な世界経済と長引く超金利という環境の中で、自社の戦略に焦点を 絞り、新興市場での成長と成熟市場での業績の反発力を目指していく」 と説明。同社は発表資料で、今年について設定した目標の幾つかは達成 できないとの見通しも示した。

原題:Zurich Insurance Sees Quarterly Profit Rebound on Non-Life Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE