コンテンツにスキップする

韓国中銀:政策金利2.50%に据え置き、6カ月連続-予想通り

韓国銀行(中央銀行)は14日、6カ 月連続で政策金利を据え置くことを決めた。インフレ率が14年ぶりの低 水準となっているため、成長の阻害要因である為替相場リスクに対する 政策余地が生まれている。

韓国中銀は政策金利である7日物レポ金利を2.5%に据え置くと発 表した。同中銀は5月の利下げ以降、同金利を据え置いている。ブルー ムバーグ・ニュースがエコノミスト16人を対象に実施した調査では、全 員が今回の決定を予想していた。

大宇証券の債券アナリスト、ユン・ヨサム氏(ソウル在勤)は「通 貨ウォンの動きは予想がかなり難しく、乱高下している。中銀は様子見 の姿勢を取るだろう」と指摘。「韓国中銀は経済見通しについて自信を 深めるかもしれないが、利上げを検討するのはインフレが懸念材料にな ると思われる来年後半になってからだろう」と述べた。

原題:Bank of Korea Holds Rate for Sixth Month to Support Growth (1)(抜粋)

--取材協力:Yewon Kang、Sarina Yoo. Editors: Arran Scott, Paul Panckhurst

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE