コンテンツにスキップする

米住宅省、ローン債権入札で450億円相当売却できず-関係者

米住宅都市開発省は不良化した住宅 ローン債権を売却するために実施した入札で一部を売却できなかった。 入札の結果に詳しい関係者4人が明らかにしたもので、こうした事態は 初めて。

情報は非公開だとして関係者が匿名で語ったところによると、同省 は10月30日の入札で、住宅ローン債権約4億5000万ドル(約450億円) 相当について応札価格が低過ぎると判断した。同省は2010年以降、不良 化した米連邦住宅局(FHA)保証付きの一戸建て住宅向けローン債 権、約5万件を一定の条件付きで投資家に売却している。

同省はローンの担保となる不動産の差し押さえを回避するという公 的使命を追求しながら、資金難にあるFHAの損失に歯止めをかけよう としており、入札はそうした取り組みの一環。応札価格を受け入れなか ったことは、ローンの借り手が住宅を失うことを回避し、市場を安定さ せるためにFHAが許容できる損失が上限に達したことを示しているも ようだ。FHAは9月、創設以来初めて公的資金の注入が必要になっ た。

同省は総額17億ドル相当のローン債権を入札にかけていた。

原題:HUD Said to Fail in Bid to Sell $450 Million of Mortgages (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE