コンテンツにスキップする

JPモルガン:10-12月トレーディング収入は昨年下回る見通し

米銀JPモルガン・チェースの10 -12月(第4四半期)のトレーディング収入は前年同期を若干下回ると の見通しを法人・投資銀行部門の共同責任者、マイケル・カバナー氏が 示した。

カバナー氏は13日、ニューヨークでの投資家会合で、「債券と株式 は顧客の取引量と比べて非常に順調だ」とした上で、顧客の取引量は昨 年の水準を「若干下回っている」と述べた。

同氏はまた、投資銀行部門の債券・株式発行引き受けとM&A(企 業の合併・買収)助言の10-12月手数料収入は「堅調」であり、7-9 月(第3四半期)の15億ドル(約1490億円)と近い水準になる見込みだ と語った。

カバナー氏は「昨年第4四半期の引受業務の数字は特に強かった。 それを再び達成できるとは思わないが、健全な四半期となっている」と 語り、最終的な数字は「第3四半期と似たようなものになる可能性があ る」と付け加えた。

原題:JPMorgan’s Fourth-Quarter Trading Revenue Is Down, Cavanagh Says(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore. Editors: Steve Dickson, Steven Crabill

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE