コンテンツにスキップする

アップルが1兆円投じる「メカトロ」-iPhone生産技術

スマートフォン(多機能携帯電話) 「iPhone(アイフォーン)」やタブレット端末「iPad(アイ パッド)」のメーカー、米アップルは過去最大規模となる105億ドル (約1兆円)を新しいテクノロジーに投じる。その投資の対象は消費者 の目に直接触れることはない。組み立てロボットやフライス盤などの機 械だ。

韓国のサムスン電子などライバル企業に差をつけ、新製品開発の土 台を作るため、アップルはiPhoneやiPadの大量生産に舞台裏 で貢献する機械類への投資を増やしている。新しいiPhone「5 c」のカラフルなフレームのプラスチックを研磨する機械や、MacB ook(マックブック)のアルミニウムボディーを湾曲させる機械、i PhoneやiPadのカメラのレンズを検査する機械などがこれに含 まれると、アップルの製造工程に詳しい複数の関係者が匿名を条件に述 べた。

アップルが2014年度の設備投資見通しの中で明らかにしたこのよう な資金の使い方は、同社が自社製品製造のための技術の設計や開発に力 を入れつつあることを示す。関係者によると、アップルは機械に関する 独占契約の締結が増えている。競合他社よりも高い額を工作機械に費や し、それらを納入業者の工場に設置している。アップルの納入業者の多 くはアジア企業だ。

コンサルティング会社フロスト・アンド・サリバンのアナリスト、 マスラマン・ラマサミー氏は「アップル製品のデザインはとてもユニー クなので、製造工程も独自のものにならざるを得ない」と指摘。「アッ プルは手元資金が潤沢なので、通常は航空宇宙産業や防衛産業で使われ るような世界クラスの最先端の機械に投資できる」と話した。

原題:Apple’s $10.5 Billion on Robots to Lasers Shores Up Supply: Tech(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE