コンテンツにスキップする

米ヤム・ブランズ:10月の中国既存店売上高、予想ほど悪化せず

米ヤム・ブランズの10月の中国での 既存店売上高はアナリスト予想ほどには減少しなかった。傘下のファス トフードチェーン「KFC」の販売落ち込みのペースが鈍化した。同社 は売上高の約半分を中国で稼いでいる。

12日の米証券取引委員会(SEC)への届け出によれば、ヤムの中 国における既存店売上高は10月に5%減少。米調査会社コンセンサス・ メトリックスがまとめたアナリスト5人の予想平均では5.8%減が見込 まれていた。KFCの10月の中国既存店売上高は7%減。9月は13%減 だった。

ヤムは先月、7-9月(第3四半期)の売上高減少を受け、2013年 通期の利益見通しを引き下げた。

原題:Yum’s China Sales Fall Less Than Estimated as KFC Decline Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE