コンテンツにスキップする

宮尾日銀委員:見通しに変化生じれば「必要な調整行っていく」-会見

日本銀行の宮尾龍蔵審議委員は13日 午後、長野県松本市で記者会見し、日銀の経済・物価情勢の見通しに変 化が生じた場合、金融政策運営で「必要な調整を行っていく」と述べ た。

宮尾委員は「消費税の増税等々、下振れリスクもある中で、メーン シナリオとしては、実体経済は基調的には潜在成長率を上回る成長を続 け、物価は2%の物価安定目標の実現に向けた道筋を順調にたどってい くとみている」と言明。その上で「今後、そういった見通しに変化が生 じた場合、必要な調整を行っていく」と語った。

さらに、「何らかの政策対応、政策判断をする場合は、あらかじめ 何か特定の手段を排除するのではなく、それぞれの手段の効果とコス ト、リスクなどを総合的に勘案して、最も適切な政策手段を選択し、し っかり判断していきたい」と述べた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が年内にも資産買い入れを縮小す るのではないかとの観測が市場の一部に浮上していることについては 「FRBの金融政策のかじ取りは潜在的に非常に大きな影響を及ぼし得 る」との見方を示した。一方で、「現時点で日銀がFRBのように、正 常化に向けた議論ということは全く考えていない」と強調した。

また、会見に先立つ講演で、景気について「全体としてみればやや 下振れリスクを意識している」と述べたことに関連して、「経済に対し てやや下振れリスクがあるということから、それが原因となって当然物 価に対してもやや下振れリスクがある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE