コンテンツにスキップする

香港株(終了):10週間ぶり安値-中国3中総会に失望

香港株式相場は下落。ハンセン指数 は10週間ぶり安値となった。中国指導部が改革を協議する第18期中央委 員会第3回総会(3中総会)の閉幕後、政策の詳細を示さなかったこと で失望が広がった。

中国工商銀行(1398 HK)が3.6%下げるなど、中国本土の銀行株が 安い。中国最大のインターネット企業、テンセント・ホールディングス (騰訊、700 HK)は4%安。馬化騰会長が同社株のバリュエーション (株価評価)が「恐ろしいほど」高いと発言したと報じられ売られた。 中国の靴小売り、百麗国際(1880 HK)も値下がり。ゴールドマン・サ ックス・グループは同社株の投資判断を引き下げた。

ハンセン指数は前日比437.58ポイント(1.9%)安の22463.83と、 9月4日以来の安値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同2.7%安の10276.61で引けた。

キムエン証券(香港)のセールストレーディング担当ディレクタ ー、アンドルー・サリバン氏は、「かなり多くの人が実行可能な措置が 講じられると期待し、3中総会の声明の前にポジションを積み増した が、そうならなかった。市場はただ失望している」と指摘した。

原題:Hong Kong Stocks Fall to 10-Week Low as China Plenum Disappoints(抜粋)

--取材協力:Allen Wan. Editors: Jim Powell, Tom Redmond

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE