コンテンツにスキップする

国連、台風直撃のフィリピン支援で300億円の資金援助呼び掛け

国連は台風30号で甚大な被害を受け たフィリピンの支援に向け、3億100万ドル(約300億円)の資金援助を 呼び掛けた。同国では台風の影響で少なくとも2500人が死亡したとみら れ、降雨が救援活動を妨げていた。

国連人道問題調整室(OCHA)のフィリピン事務所長、デービッ ド・カーデン氏はマニラで12日、国連が寄付を募っていることを明らか にした。食料や水、衛生管理、医薬品、通信手段に優先的に充てられる という。フィリピン政府によると、今回の台風で41州の計約690万人が 被災し、15万戸近くの家屋が損壊した。

アキノ大統領は12日のCNNテレビとのインタビューで、死者が当 初推計の1万人ではなく、2500人に近い可能性があることを明らかにし た。

原題:Philippine Typhoon Devastation Leads UN to Seek $301 Million (1)(抜粋)

--取材協力:Norman P. Aquino、Jonathan Browning、Simeon Bennett、Michael Shepard. Editors: Dick Schumacher, Andrew Davis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE