コンテンツにスキップする

ローブ氏:中銀の金融緩和が株価支える-プットのような効果

米ヘッジファンド運営会社サード・ ポイントの創業者で資産家のダニエル・ローブ氏は12日、株式相場が大 幅に上昇しているものの、短期的には米欧アジアの中央銀行による金融 緩和政策が株式投資家を守るとの見方を示した。

同氏は、欧州中央銀行(ECB)が7日に政策金利を過去最低水準 に引き下げる決定を下したことを取り上げ、世界の他の中銀が講じたプ ログラムにも触れた。ECBのドラギ総裁はデフレ圧力に対応するた め、低金利を維持すると表明している。

ローブ氏は再保険会社サード・ポイント・リインシュアランスの業 績に関する電話会議で、「米国の金融政策や先週の欧州でのドラギ総裁 の行動、英国や日本、中国で行われていることを踏まえると、われわれ は株価下落に備える世界的なプットオプション(売る権利)を手にして いるようなものだ」と語った。

米連邦準備制度などの中銀は成長支援のため金融政策を通じて金融 市場を支えてきた。低金利で株式以外の投資選択肢の魅力が減り、株価 を押し上げる効果があることから、投資家は利下げを株価下落に対する 保険の役割を果たすプットオプションになぞらえている。

S&P500種株価指数は昨年末の水準から24%上昇しており、今年 のリターンは5年連続でプラスとなる勢いだ。ストックス欧州600指数 の上昇率は15%、東証株価指数(TOPIX)は40%となっている。

ローブ氏は、先進各国が拡張的な政策を取っていることを挙げ、 「通常これは株式にとって良いことだ」と述べた。

原題:Loeb Says Central Bankers Provide Protection for Equities (2)(抜粋)

--取材協力:Pierre Paulden、Zachary Tracer. Editors: Dan Kraut, Steven Crabill

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE