コンテンツにスキップする

香港に上海との対抗策で地域連携を提言-元財政官の梁錦松氏

代替資産運用の米ブラックストー ン・グループの大中華圏部門会長を務める梁錦松氏は、香港が広東省と ともに自由貿易圏を創設すべきと提言した。

香港特別行政区政府元財政官の梁氏は12日のブルームバーグのセミ ナーで、香港は上海の自由貿易区より高い競争力を持つことができると 指摘。不動産開発会社チョンコン・ホールディングス(長江実業集団) のエグゼクティブディレクター趙国雄氏も、連携しなければ香港に「将 来はない」と訴えた。

こうした発言は香港が直面している課題を浮き彫りにしている。梁 振英行政長官が不動産バブルの抑制に取り組む一方で、中国はいずれ香 港と競合関係になる可能性がある上海自由貿易区を創設した。世界最大 の資産運用会社である米ブラックロックは先月、香港市場のパフォーマ ンスは他のアジア諸国を下回るとの見方から同地域への投資を縮小して いることを明らかにした

香港の不動産開発会社ランカイフォン・ホールディングスのアラ ン・ジーマン会長は同セミナーで、「珠江デルタ地域と協力関係を作る ことが最善の方法だ」と語った。

ブルームバーグが開催したセミナーでは梁錦松氏とジーマン氏、趙 氏に加え、香港行政会議メンバーの葉劉淑儀(レジーナ・イップ)氏が パネリストとして香港の将来について語った。

原題:Hong Kong Needs Regional Tie for Shanghai Fight, Blackstone Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE