コンテンツにスキップする

アジアの株価指数先物が下落-緩和縮小前倒し観測で米株安

アジア時間13日早朝の取引で、アジ アの株価指数先物は下落。域内の株価指数が下落する可能性を示唆し た。米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和縮小の時期が早まるとの懸 念で米国株や米国債価格が下落した流れを受けた。ニューヨーク市場で 原油先物は5カ月ぶりの安値まで下げた。

オーストラリアのS&P/ASX200指数先物は0.3%安。韓国と香 港の指数先物は少なくとも0.1%の下落。日経平均株価先物は大阪市場 で午前3時現在、0.2%安の1万4520円。シカゴ市場では1万4610円だ った。12日終値は1万4550円。S&P500種株価指数は0.2%安。ドルは 対円で上昇し、10年物米国債利回りは上昇した。ニューヨークのウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物相場は2.2% 安。

原題:Asian Index Futures Fall After U.S. Retreat as Crude Oil Slides(抜粋)

--取材協力:John McCluskey. Editor: Emma O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE