コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパは下落-ブラジル銀や商品関連株に売り

12日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が2カ月ぶりの安値に下落。金利収入見通しを引き下げ たブラジル銀行のほか、米金融当局が緩和縮小に動くとの観測から商品 関連株が売られた。

ブラジル銀行は5.3%安。同行は2013年通期の純金利収入の伸び率 を最大5%と、従来の同7%から下方修正した。鉄鋼メーカーのナシオ ナル製鉄(コンパニア・シデルルジカ・ナシオナル、CSN) は3.6%、鉄鉱石生産のヴァーレは2.5%それぞれ下落。金属相場安が響 いた。一方、航空機メーカーのエンブラエルは1.9%上昇。シティグル ープが投資判断を「セル」から「ホールド」相当に引き上げたことが好 感された。

ボベスパ指数は前日比1.6%安の51804.33と、9月4日以来の安値 で終了。指数構成銘柄のうち下落が52銘柄、上昇は18銘柄。通貨レアル はサンパウロ時間午後5時25分(日本時間13日午前4時25分)現在、1 ドル=2.3335レアルと、前日比0.1%未満の下げだった。

SLWコレトラ(サンパウロ)のヘッドストラテジスト、ペドロ・ ガルジ氏は電話インタビューで、「ブラジル銀行による金利収入予想の 引き下げは、利益見通しがそれほど明るくないことを示唆している」と 指摘。「米金融当局が予想より早い時期に緩和縮小を開始するとの懸念 が高まっていることも、株式需要に響いている」と述べた。

原題:Ibovespa Declines as Banco do Brasil Tumbles on Earnings Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE