コンテンツにスキップする

米J&Jが人工股関節訴訟で和解、40億ドル強支払い-関係者

ヘルスケア製品最大手、米ジョンソ ン・エンド・ジョンソン(J&J)は人工股関節のリコールをめぐり患 者が起こした米国内の訴訟で、総額40億ドル(約3990億円)強を支払う 和解合意に達した。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。医療機器 をめぐる米賠償訴訟の和解金額では過去最大となる。

これら関係者によれば、この和解には米連邦・州裁でJ&Jのデピ ュー部門を相手取り起こされた7500件余りの訴訟が含まれる。和解に関 して公に発言する権限がないとして匿名で語った。これらの訴訟では既 に人工股関節を除去した患者が同製品の不具合を主張した。

同関係者によると、J&Jは人工股関節除去1件につき平均30万ド ルを支払う。ただ合意は、人工股関節の不具合が将来発生した場合、患 者が補償を求めることを妨げるものではない。これは補償総額に上限が ないことを意味するという。和解は来週発表される見通し。

J&Jのデピュー部門の広報担当ミンディ・ティンスリー氏は和解 に関するコメントを控えた。

デピューの人工股関節をめぐっては約1万2000件の訴訟がオハイオ 州やカリフォルニア州、ニュージャージー州の裁判所で起こされてい る。これには今回の和解対象の約7500件が含まれる。

原題:J&J Said to Reach $4 Billion Settlement of Hip-Implant Suits (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE