コンテンツにスキップする

NZ中銀:融資規制で住宅需要の抑制効果出始めている兆候

ニュージーランド準備銀行(中央銀 行)は13日、住宅バブルを防止する目的で先月導入した住宅ローンの融 資規制が効果を表し始めている兆候があるとの見解を明らかにした。

同中銀は金融安定報告で同時に、「規制措置の住宅インフレへの影 響を判断するのは時期尚早だ」と指摘した。

同中銀はまた、「ニュージーランド・ドルの貿易加重指数は引き続 き高止まりしている」と述べた。

原題:RBNZ Sees Signs Loan Limits Starting to Curb Housing Demand (1)(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien. Editors: Matthew Brockett, Malcolm Scott

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE