コンテンツにスキップする

中国:天然資源利用の対価引き上げへ-環境保護コストに充当

中国は天然資源を利用する産業が支 払う対価を増やし、地元の環境コストの補償に充てる方針を示した。

12日閉幕した中国共産党の第18期中央委員会第3回総会(3中総 会)で採択されたコミュニケで、資源産業改革が明記された。

UOBケイ・ヒアンのアナリスト、ヘレン・ラウ氏(香港在勤)は 「中国は環境と経済成長の均衡化を助ける資源・商品セクターの変革を 強力に推し進めるだろう」と指摘。「結果の全体像が明らかになるのは 数カ月ないし数年先かもしれないが、習近平指導部が今後10年間実行す る原則が示された」と説明し、エネルギー効率の改善や過剰生産能力の 抑制などの具体的な政策が今後公表される可能性があると述べた。

中国国営の新華社通信はコミュニケを引用し、「中国は環境保護コ ストを設定することにより天然資源の保有・活用を監督する管理システ ムを支援すべきだ」と報じた。また、経済の資源配分で市場に「決定的 な」役割を果たさせるとした。

原題:China to Charge Resource Users More to Protect the Environment(抜粋)

--Feiwen Rong、Sarah Chen. Editors: Brett Miller, Joshua Fellman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE