コンテンツにスキップする

ゴールドマンCEO:ホールセール戦略変えず利益率向上は可

米ゴールドマン・サックス・グルー プは利益率向上のための「ホールセール戦略転換」は一切行わないと、 ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が12日、ニューヨ ークで開かれた投資家会議で述べた。

ブランクファイン氏は「過去5年間で良好な相対的リターンを上げ てきたが、熱望したような結果とは言い難い」と述べ、「現在置かれて いる環境下で直面している問題にかかわらず、当社は利益率向上に取り 組む決意だ」と述べた。

同氏によると、ゴールドマンは過去5四半期で債券取引事業のうち リスク資産を700億ドル削減した。また資本確保とリターン向上のため 保険会社2社と中国工商銀行の持ち株を売却した。ゴールドマンの株価 は2008年末以降、93%上昇した。

ブランクファイン氏は、収入や経費、資本管理を「段階的に改善」 することで株主資本利益率(ROE)を引き上げていくと述べた。

原題:Blankfein Says Goldman Can Boost ROE Without Wholesale Changes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE