コンテンツにスキップする

ECBのQE開始は不可避、月額500億ユーロが適切-BNP

欧州中央銀行(ECB)は早急に量 的緩和(QE)プログラムを開始するべきだと、BNPパリバの市場経 済グローバル責任者、ポール・モーティマーリー氏が12日のリポートで 指摘した。

同氏はECBが国債を購入するべきだとし、規模は月々500億ユー ロ(約6兆7000億円)が適切との見方を示した。同氏はまた、ECBが 量的緩和に踏み込む前に、他の手段を使い尽くすと考えている。他の手 段としてはリファイナンスオペの最低応札金利を0.25%からさらに引き 下げることや、中銀預金金利をマイナスにすること、フォワードガイダ ンス(時間軸政策)を強化することなどが考えられるという。

同氏は一方、政策委員会内のタカ派は最悪の事態が迫るまではその ような措置に同意しないだろうと予想。ドラギ総裁は辞任覚悟で行動し なければ、日本の教訓を学ばざるを得なくなるかもしれないと書いてい る。

デフレは真のリスクであり、いったん現実化すれば反転させること は恐らく不可能だとし、消費者物価の上昇率が高まるとECBが期待し ているのなら「とてつもないギャンブル」だと指摘した。

原題:ECB Must Embark on QE, Little Alternative Seen, BNP Paribas Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE