コンテンツにスキップする

ダラス連銀総裁:インフレリスク見られない、デフレ懸念後退

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、現時点でインフレリスクは見られないとの認識を示すとともに、デ フレ懸念は後退していると述べた。メルボルンでの講演後の質疑応答で 語った。

同総裁は「雇用者数が増えるのに伴い、デフレについての私の懸念 は薄らいでいる」と述べた。一方インフレについては「12の地区連銀の バランスシート上にあるインフレの火種について懸念している。銀行の 超過準備が2兆2000億ドルあるとすれば、ある時点でそれは融資に回 る」とし、「マネーの流れはスピードを増し、われわれは手控えなけれ ばならなくなるだろう」と語った。

原題:Dallas Fed’s Fisher Says Doesn’t See Inflation Risk Now (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE