コンテンツにスキップする

ダラス連銀総裁:米金融緩和のリスクは1日ごとに高まる

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、毎月850億ドル相当の米国債と住宅ローン担保証券(MBS)を購 入する現行の米金融緩和策のリスクは日ごとに高まっているとの見方を 示した。

同総裁はメルボルンで講演し、「金融緩和が世界の債券と株式、住 宅市場を浮揚させる心地よい刺激ではなく、金融の無謀な冒険と見なさ れるようになる転換点がある。その転換点がどこなのかは誰にも分から ないものの、われわれが買う米国債とMBS1ドル分ごとに、そして購 入執行をニューヨーク連銀に指示するたびに、われわれはこの転換点に 近づいているということは言える。そこに到達するまでは誰も予見でき ない」と語った。

原題:Dallas Fed’s Fisher: Monetary Accommodation Riskier by the Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE