コンテンツにスキップする

インドネシア中銀:政策金利を7.5%に引き上げ-予想外

インドネシア中央銀行は12日、大方 の予想に反して政策金利を引き上げた。自国通貨ルピアへの重しとなっ ている経常赤字の縮小への取り組みを強化した。

同中銀がジャカルタで発表した声明によれば、マルトワルドヨ中銀 総裁率いる理事会は政策金利のレファレンス金利を0.25ポイント引き上 げ7.5%とした。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査で利上げ を見込んでいたのは25人中1人のみ、残りは据え置きを予想していた。 中銀は預金ファシリティー金利(FASBIレート)も5.75% と、5.5%から引き上げた。

ブルームバーグがまとめたインドネシアの国内銀行のデータによれ ば、ルピアの対ドル相場はジャカルタ時間午後2時48分(日本時間同4 時48分)現在、前日からほぼ変わらずの1ドル=1万1559ルピア。年初 来では17%余り下げている。

原題:Indonesia Unexpectedly Raises Key Rate to Highest Since 2009(抜粋)

--取材協力:Berni Moestafa、Yudith Ho、Widya Utami、Shamim Adam、Manish Modi. Editors: Neil Chatterjee, Shamim Adam

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE