コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:今月の高値から下落-在庫増観測を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は12日の 時間外取引で、今月の高値から下落。先週の米原油在庫が4カ月ぶりの 高水準に増加したとの観測が嫌気されている。

原油先物相場は一時、0.2%下落した。米エネルギー情報局 (EIA)が14日に発表する8日終了週の米原油在庫はブルームバー グ・ニュースの調査によると、50万バレル増が予想されている。予想通 りだと増加は8週連続。イランと国連の査察団は核問題をめぐり6年ぶ りに合意し、調印した。これにより、査察官によるイランの核関連施設 へのアクセスが拡大した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は一 時、26セント安の1バレル=94.88ドルを付けた。シドニー時間午前11 時37分(日本時間同9時37分)現在、94.94ドルで推移。前日の通常取 引は0.6%高の95.14ドルで引けた。終値としては10月31日以来の高値。 全限月の取引高は100日平均を約69%下回った。

原題:WTI Drops From November High as Crude Stockpiles Seen Rising(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE